読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えふと

サッカー、FC東京U-18、FC東京を中心に

www.flickr.com

クラ選決勝前に

FC東京U-18

 決勝を前に気合いが入ってきました。

選手たちがつかめるチャンス

クラ選は一昨年準優勝。また、冬のJユースカップでは昨年、一昨年と連続ベスト4。今の3年生は、U-18でのタイトルにあと一歩届かない経験を3度味わってきました。もっと遡れば、U-15深川出身の5蓮川、6岡崎、11半谷、14内田、18鈴木(郁)は、中学3年生の時(13年)にクラ選U-15で決勝に進出しましたが、そこでも準優勝に終わりました。彼らにとって、もう「惜しい」はいらないはず。彼らにとっては、もう掴むのは「優勝カップ」しかありません。 一方、U-15むさし出身の1波多野、3高橋海人、4鈴木(喜)、7生地、8伊藤、10松岡にとっても、リーグ戦での優勝こそ経験はありますが、カップ戦は忸怩たる思いを味わい続けてきた舞台。また、41久保、42平川は昨年のクラ選U-15がこれまた準優勝。特に41平川は試合中の負傷により最後まで戦えなかった悔しさも残っているはずで、カップファイナルに賭ける意気込みは、私が思っている何倍も秘めているかもしれません。 クラブとしても、クラ選のタイトル戴冠は8年前まで遡るわけで、09年、14年と2度準優勝に終わったリベンジ、3度目の正直を狙う試合となります。相手は清水ユース。プレミアリーグ開幕戦で0-1と敗れていて、これまたリベンジマッチとなりました。

「惜しい」なんて、もういらない。チーム全員の力で掴もう、タイトルを。 - 続々々・メガネのつぶやき

 佐藤一樹監督も掴みたいタイトル。

 「この大会も一昨年は準優勝だったり、Jユースカップは2年連続で3位になったり、なかなかカップを獲れていないので、優勝というものに対してチームとして飢えている部分はあると思う」と指揮官が言及したように、近年は良い所まで行くものの、日本一にはなかなか届いていないのが現状。

クラ選準決勝 FC東京U-18×川崎U-18@西が丘|Jリーグブログ | J SPORTS


カズ・トーキョーの悲願とも言うべき日本一までは、あとわずかに1つの勝利です。

 

見ている僕らも掴みたいタイトル

そして今大会誇れる賞もチャンスがある

 

 取れるものは何でも取ってやろう!がんばれFC東京U-18

広告を非表示にする