えふと

サッカー、FC東京U-18、FC東京を中心に

ナオ

スタジアムが静まり返った。

柏サポーターは試合を決められた一点。東京サポーターは点を決めた選手がもんどりうち倒れている姿を見た瞬間だった。


絶望が支配するスタジアム。こんな経験は初めてだった。


六分間のロスタイムが終わり帰宅する姿は4点を取って勝ったチームとは思えない重く沈んだ雰囲気だった。


打ち上げ終了後に社長が火曜日に検査結果が出るまで何も言えないとただ簡単に治るものではないだろうと。

その後一人沈んだ表情で周りに寄せ付けない雰囲気な社長を見た時はケガ人がどれだけ悪くショックを受けているように見えました。

ナオ、皆知っている、最後まで諦めない青赤魂を持っているFC東京を日本を代表するサッカー選手。


青赤のユニフォームを着てまた味スタにあのチャントを聞ける日を楽しみに待っています。

広告を非表示にする